喪主になられる方へ

喪主とは

遺族の代表者になります。葬儀の様々な内容を決定したり、ご会葬者さまへのご挨拶、葬儀後の、自宅近隣へのあいさつまわり等をしていただきます。

喪主は、遺族(世帯)内の方で、残された配偶者の方、ご長男、その他ご子息、子女の中で決定致します。該当者がいない場合、故人のご兄弟などが務めます。

葬儀に関して喪主として決めること
(1)葬儀社を決める
  • 必ず複数の葬儀社に見積もりを依頼しましょう。
  • 金額だけではなくて対応なども重要なポイントになります。
(2)連絡先リストをつくる
  • 交友関係など必要な方のリストを作成しましょう。
(3)遺影にする写真の準備
  • ご家族の皆様で、人柄を表した写真を選びましょう。
(4)ご逝去後のご安置場所を決める
■ご自宅に安置できますか?
  • できない場合もしくは、しない場合は、施設を利用することになります。
  • 具体的な場所や、使用条件をあらかじめ把握しておく必要があります。
(5)葬儀の規模について
■どのような葬儀を行うかを考えましょう。
  • 身内以外の方はお呼びしますか?
  • お呼びする場合、事前に集まるご身内の人数や一般参列者の人数の予想をしましょう。
  • 人数によって葬儀の規模や形式が変わります。
(6)葬儀の形式について
■火葬式
  • 近親者、ごくわずかな親しい方だけで火葬のみ行う形
■家族葬
  • 近親者、ごくわずかな親しい方だけでご葬儀を行う形
■一般葬
  • 知人全ての方にお知らせしてご葬儀を行う形
■大型葬
  • 200名以上の会葬者が参列される場合
■社葬等
  • 職種・会社経営者の方など、企業団体主催による形。
(7)葬儀を行う場所について
■どのような式場で葬儀を行うか?
  • 自宅周辺:ご遺族の状況を優先した設定
  • 勤務地周辺:参列者の状況を優先した設定
  • その他、収容人数、アクセスの良さ・宿泊の可否など。特に、遠方から来る身内の方々の宿泊の状況などは、前もって考えておく必要がございます。
  • 式場には公営施設と民営施設がございます。費用をおさえる場合は公営施設のご利用をおすすめします。
(8)葬儀の宗教について
  • 宗教の儀式として葬儀を行うのか、又は宗教色のない葬儀を行うのかを決めましょう。


会葬御礼

ご遺族の代表者として、喪主様がご会葬者様へご挨拶を行います。(必ず喪主様がご挨拶を行わなければならない訳ではありません。特に女性が喪主様の場合、悲しみのあまり言葉に詰まり、満足なご挨拶が出来ない事などから、喪主様に代わって他の方にご挨拶を行っていただく場合もございます。日頃、多数の方の前での立ち振る舞いに慣れていらっしゃる方がいれば、そのような方にお願いして頂くのもいいでしょう。)

ご挨拶の内容
  • 一番大切なことは、わざわざお集まりいただいた方々に対してのお礼の気持ちをお伝えする事。今後も、故人様の生前と変わらないおつきあいをお願いする事です。一般葬、家族葬の場合は、あまりかしこまらずに、普段のご自分のお言葉で申し上げた方がいいでしょう。
一般的なご挨拶の内容
  • お集まり頂いた事への御礼
  • 故人さまの亡くなられた経緯や、故人さまに関する事柄等のおはなし
  • 残されたご遺族の、故人生前と変わらないお付き合いのお願いをすること
  • 最後に改めて御礼の言葉


葬儀の基礎知識

こころを込めたお別れをするために、ご臨終から葬儀、葬祭のお役立ち情報をわかりやすくまとめました。危篤の際の連絡方法やご遺体の処置、安置などについても詳しくお知らせします。

葬儀のことならたまゆら葬儀社